グーグルが12日発表した、今年、日本国内で検索が急上昇した単語のランキングで、都道府県名と一緒に検索された言葉を集計した地域別ランキングでは、徳島県の1位は「行方不明」だった。テレビ番組で身元不明者として紹介された男性が、29年前に貞光町(現つるぎ町)で失踪した松岡伸矢ちゃん=当時(4)=に似ていると話題になったことで検索数が急上昇したとみられる。

 4位には美馬市脇町のソバの店「まるせい」がランクイン。こちらもテレビ番組で紹介されたことがきっかけで検索回数が増えた可能性が高い。2位には「市長」、3位には「地震」が入った。5位は全体のランキングでも7位に入った「大杉漣」さんだった。

1位 行方不明
2位 市長
3位 地震
4位 まるせい
5位 大杉漣

都道府県別を除いたランキングの詳細はグーグルの特設サイト上で公表されている。