徳島県内の高校生が、学生記者として東京の医療ベンチャー企業を訪問取材し、弊社記者の指導の下で、徳島新聞WEBに記事を掲載する「未来の医療はこうなる?高校生記者派遣プロジェクト」の参加者を募集します。

彼らの作成した記事を通じて、将来、県内の小中高生が医療関連企業において、医療ベンチャー起業家として、未来の医療技術に貢献する人材になることを期待し実施されるものです。

  • 取材想定企業:東京近郊の医療ベンチャー企業
  • 募集人数:合計8名 ※応募者多数の場合は抽選
  • 時期:8月2日・3日 ※弊社職員が同行します
  • 参加条件:往復航空券などの交通費、宿泊費、旅行保険料は主催者により負担(一部の食事代、徳島阿波おどり空港までの交通費などについては個人負担となります。)
  • 応募者多数の場合は抽選となる場合があります。
  • ①徳島県内の高校生であること。②医療や新しい技術に興味があり、責任をもって記事を徳島新聞社の媒体に書けること。③積極的にコミュニケーションをはかることができること。④健康状態が良好で、長時間の旅行(移動)に耐えられること。⑤新聞紙上やWEB等に学校名、学年、氏名および顔写真の掲載を承諾できること⑥保護者の同意があること。

<お申込み>6月20日締切。応募フォームに記入してご応募下さい

お問い合わせ:徳島新聞社地域連携推進室兼メディア推進室 mediad@topics.or.jp

※平成29年度徳島県健康医療イノベーション推進モデル事業の一環として実施されます