[磯]<恵比須浦>14日、上り潮で水温18・7度。大辰巳周辺のハエでグレは、45センチを1匹。25~30センチを10匹と23~33センチのアイゴ10匹と24センチ前後の本ハゲ5匹。25~32センチを5匹と同型のアイゴ6匹。35センチと同型のアイゴを各1匹。

 <大島>14日、上り潮で水温18・7~19・2度。グレは、本場回りのピストルで30~34センチを3匹。地ソエで32、37センチと25、30センチのアイゴを各2匹。俵で35センチを1匹と32~35センチのイサギ3匹、30、36センチのアイゴ2匹。別の人も33センチを1匹と30、32センチのイサギ2匹、30センチのアイゴ1匹。マッチャンバエで30~35センチを3匹。川村バエで30、33センチを2匹と34センチのイサギ、30センチのアイゴを各1匹。ダルマで33~38センチを3匹。佐本回りはマナイタで25~34センチを5匹と35センチのイサギ1匹。大バエで30、35センチと28、30センチのアイゴを各2匹。沖ノハエで28~34センチを6匹。粟林で28~33センチを4匹。一番で30~35センチを5匹と27センチのアイゴ1匹。裏回りは桃オチで30、38センチを2匹と25~28センチのイサギ3匹。タタミで30~38センチを6匹と30、33センチのアイゴ2匹。田所で32~38センチを6匹と30センチのイサギ1匹。

 <高知・甲浦>14日、北西の風で海は穏やか。水温19・1度。底物仕掛けでイシダイ狙いは、銀座バエで30、35、58センチを3匹と28~37センチのイシガキダイ7匹。長兵衛バエで48センチを1匹。グレは、ミツバエ中で30~35センチを7匹。エボシで30センチを3匹。土佐エボシで30、33センチを2匹。各所で30センチ前後のアイゴ4~10匹。ギオンバエでアジを餌に0・3~0・8キロのアオリイカ3匹。また、湾内の3号イカダでも0・6~1キロのアオリイカ6匹。

 <和歌山・那智勝浦>14日、潮がほとんど動かず餌取りのフグが多かった。阿南市の竹内啓二さんが午前中オジャウラ回りの磯で25~30センチのグレ4匹。午後から沖磯へ変わったが尾長グレのアタリが多く、チモト切れのバラシが多く、取り込めたのは27センチを1匹。

 [船釣り]<伊島沖>14日、北寄りの風が強く釣りづらかった。乗合船で出掛けた人らが30号のオモリを付けた胴付仕掛けで本ハゲを狙い、29センチまでをサオ頭は20匹。各自12~19匹。別の船は青物と根魚を狙って出船し、65~70センチのメジロ3匹と50、70センチのヒラメ、40、45センチのマハタを各2匹、35センチのウッカリカサゴ1匹。

 [波止]<古牟岐>14日、午前中、アジを餌にアオリイカを狙った人が0・4、0・5キロを2匹。

 <高知・甲浦港>14日、夜明けまでサオを出した人が、アジを餌に取り込みにヤエンを使い0・7キロのアオリイカ1匹。(県釣連盟報道部)