4000万人目に認定され、祖母と記念撮影する石田さん=松茂町の徳島阿波おどり空港

 徳島空港(松茂町)を発着する航空便の累計利用客が16日、4000万人に達し、記念式典があった。

 4000万人を突破したのは、午後1時に徳島に到着した東京発・日本航空457便。県職員らが、空港ターミナルビル1階到着ロビーで「祝4千万人達成」と記した旗を掲げて出迎え、同便に乗り合わせた112人にメモ帳をプレゼントした。

 勝浦町に暮らす祖母を訪ねるために搭乗した小学3年石田苺さん(9)=神奈川県逗子市=が4000万人目に認定され、瀬尾守・徳島空港利用促進協議会長らから、花束やすだちくんの縫いぐるみを受け取った。

 初めて1人で飛行機に乗ったという石田さんは「びっくりした。もらった花をおばあちゃんと生けたい」と喜んでいた。

 徳島空港は1967年に開港し、2008年には累計利用客3000万人を達成。10年に現在のターミナルビルが完成し、同年から「徳島阿波おどり空港」の愛称が使われている。