完成から90年を迎えた吉野川橋に看板を設置する県職員=徳島市上助任町大坪

 

吉野川橋

 徳島県は18日、完成から90年を迎えた吉野川橋(徳島市)に「祝 満九十歳」と記した看板を設置した。1カ月程度掲示し、ドライバーらに周知する。

 長さ1071メートルの吉野川橋は1928(昭和3)年12月18日に完成。吉野川に架かる橋では最も古く、架橋当時は東洋一の長大橋とされた。徳島大空襲や昭和南海地震などにも耐え、現在も交通網の一翼を担っている。

 看板は縦160センチ、横45センチ。マグネット式で、北詰めと南詰めの1カ所ずつ、アーチに取り付けた。県高規格道路課は「吉野川と織りなす美しい景観を未来に継承できるよう維持管理に努めたい」としている。