2年連続の14位から脱却し、13位への順位押し上げを目標に据える。5年ぶりの勝浦コースに選手たちは「沿道の声援に応えるためにも、地元では先頭を切って走る」と士気は高い。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。