センター職員と談笑する長谷川さん。「認知症になっても、何も心配はいらない」と語る=東京都の認知症介護研究・研修東京センター

何も心配はいらない

 

認知症の人が住み慣れた地域で自分らしく暮らしていくには、どのような心構えと支援体制が必要だろうか。認知症研究の第一人者であり昨年、自らも認知症であると公表した精神科医の長谷川和夫さん(89)=東京都、認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長=に話を聞いた。

 

 認知症研究の黎明期から、専門医として半世紀以上にわたり診断に関わってきた。それが1年半ほど前から物忘れがひどくなり、専門病院で検査を受けたところ、認知症だと診断された。

 「これまで診察してきた認知症に、自分がなったんだからね。そりゃ葛藤がありましたよ。不安だったしね。認知症になって分かったのは、自分の行動や考えの『確かさ』が徐々に失われてくるということ。例えば、外出した際に鍵を閉めたかどうかが分からなくなって、何回も家に戻ったりして。結局、それ以上は進めなくなるような状態だね」

 「尊敬する先生から『あなたの研究は、あなた自身が認知症になったら本物だ』と言われたことがあった。その時は嫌なことを言う人だなと思ったよ。けれど実際になってみると、なるほどそうだなと感じる。認知症でなかった頃とは違うことをいろいろ体験するからね。学ぶことが多いなという気持ちになったね」

     ◇

 昨年11月、都内で開かれた講演会で、自分も認知症であると公表した。その後もメディアの取材に応じ、認知症になった自身の姿を見せながら思いを語っている。

 「一番伝えたかったのは、認知症は決して特別なものではないということ。程度の差はあれ、年を取ると、誰でも認知症のような状態になっていく。人が生きていく延長線上にあるにすぎないんだ。だから特別扱いしてはいけない。そう思うようになったね」

     ◇

 団塊の世代が全員75歳以上になる7年後の2025年に、認知症の人は700万人(現在500万人)に達するとみられている。目前に迫る超高齢社会で最重要課題の一つになるだろう。

 「(認知症と診断されて)心を悩ませたり苦しんだりすると、どんどん悪くなるばかりだよ。だから常に笑顔で楽しい気持ちで過ごすとか、人とのつきあいを大切にしながら生きていくっていうことが大事なんじゃないかな。周りがちゃんとしていれば、(高齢者の5人に1人が認知症の時代になると予測されていても)何も心配はいらない。そう思うね」。 

 

 長谷川和夫(はせがわ・かずお)1929年、愛知県生まれ。53年東京慈恵会医科大卒。聖マリアンナ医科大教授、学長、理事長などを経て2009年から認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長。1974年に発表した認知症診断の検査法「長谷川式簡易知能評価スケール」は、今も医療現場で幅広く使用されている。「痴呆症」から「認知症」への名称変更にも尽力した。