[波止]<粟津>22日、北西の風で波はなし。4番で沖アミを餌にフカセ仕掛けで25~28センチのグレ6匹。

 <吉野川>22日、河口左岸で夜明け前の1時間、6インチのワームで35センチのセイゴ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>22日、チヌ狙いは、中央で沖アミを餌に30~35センチを3匹。近くの人も同型を1匹。

 <大島>22日、波が高く、風は強く、水温も下がり11時に撤収した。下り潮で水温16・6~18・2度。田所で23センチのグレ1匹と23センチのイサギ1匹。タタミは23センチのグレ1匹。

 <宍喰>22日、波が高くほとんどのハエには渡礁できなかった。シシガバエは30~38センチのグレ6匹と50センチのチヌ1匹。別の人が50センチを2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>22日、サヨリ狙いは、3人が合わせて23~30センチのサヨリ200匹と15センチ前後のマイワシ100匹。別のヤカタで2人がサヨリを餌に50センチのハマチ3匹。チョイ投げで、アオイソメを餌に26~35センチのカレイ4匹。

 [船釣り]<伊島沖>21日、乗合船で本ハゲ狙いは、28・5センチまでを40匹を頭に各自10~40匹。前日は28・7センチまでを16匹を頭に各自9~16匹。21日、別の船は2人が合わせて25~45センチのマハタ6匹と40センチのアオハタ1匹、35センチのアマダイ1匹、30センチのオニオコゼ3匹、25センチのアヤメカサゴ4匹、30センチのチカメキントキ4匹、30~35センチのレンコダイ7匹、30センチのムシガレイ1匹。(県釣連盟報道部)