一斉に放たれたLED紙風船=鳴門市市民会館

 LEDをともした紙風船をランタンに見立て、宙に浮かべるイベント「スカイランタン」が23日夕、鳴門市撫養町の市民会館であり、親子連れら約千人が幻想的な雰囲気にひたった。

 照明を落とした館内で午後6時、オレンジ色のLEDを入れた紙風船350個が一斉に放たれた。ランタンには糸が付いており、子どもたちはたこ揚げのように宙に浮かべて楽しんでいた。

 市中央保育所の多智花果歩ちゃん(4)は「きれいだった。みんなと飛ばせてうれしかった」と話した。

 来年1月8日まで市役所前広場を彩るイルミネーションの目玉行事として、企画された。