徳島文学協会と徳島新聞社は、掌編小説コンクール「徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」の作品を全国から募る。今回が2回目で、地域の文化の振興と新たな書き手の発掘が狙い。最終選考委員長は前回に続き、徳島ゆかりの芥川賞作家吉村萬壱さんが務める。

 原稿用紙15枚以内で徳島の文化や地名、歴史、産業、人物などを盛り込むことが条件。未発表に限る。年齢は問わない。

 募集は来年1月15日から6月10日(当日消印有効)まで。詳しい応募要領は1月中旬、徳島新聞紙上で発表する。

 第1席の阿波しらさぎ文学賞の賞金は30万円。徳島出身および徳島在住者から選考する徳島新聞賞は10万円、25歳以下を対象とする徳島文学協会賞は3万円。

 徳島文学協会による1次選考を経て、8月に最終選考を行う。受賞作は徳島新聞紙上と徳島新聞のホームページなどに全文掲載するほか、文芸誌「徳島文學」に転載される。表彰式と記念イベントは9月に行われる。

 第1回は全国28都道府県から422点の応募があった。藍染や人形浄瑠璃をテーマにした大滝瓶太さん(神戸市)の「青は藍より藍より青」が阿波しらさぎ文学賞に選ばれた。