徳島インディゴソックスは6日、高松市のレクザムスタジアムで香川と対戦し、5-11と大敗した。通算成績は12勝11敗3分けとなり、3位に転落した。愛媛は4-4で高知と引き分けた。

 徳島は3-1とリードして迎えた四回、先発の橋本直が6本の長短打を浴び一挙5点を奪われ、逆転された。五回にも3番手山藤が満塁本塁打を打たれ、試合を決められた。打線は14安打しながらも10残塁とつながらなかった。