ゴルフの第9回徳島新聞社杯争奪郡市対抗シニア&レディース大会(徳島新聞社主催、県ゴルフ協会、四国放送後援)は21日、8市6郡の58チームが参加して開幕する。第1日は四国カントリークラブで予選があり、最終日の11月29日に眉山カントリークラブで決勝が行われる。徳島くろちゃんの2連覇なるかが、最大の焦点。前回6連覇を阻まれた徳島たまねぎクラブの巻き返しにも注目が集まる。

 出場者は55歳以上の男子と18歳以上の女子。1チーム4人で、70歳以上の男子、または女子を1人以上含まなければならない。予選、決勝の上位3人の合計スコアで順位を競う。

 優勝争いは、徳島くろちゃんと前回2位の徳島たまねぎクを軸に繰り広げられそうだ。徳島くろちゃんは、前回グランドシニア賞の真井が引っ張る。9月の四国グランドシニア選手権を制するなど好調で、実力のある岡、坂田も安定している。

 徳島たまねぎクは、前回ベストグロスの千原をはじめ、白鳥、清家、尾崎の手堅い布陣で臨む。前回3位の阿波土柱、4位の小松島ポンポコ、5位の阿波東部オールドスターズも地力があり、接戦が予想される。

 午前7時9分にスタート。予選の結果、上位29チームをスクラッチの部、下位29チームをアンダーハンディの部に分け、それぞれで決勝ラウンドを行う。