西田公陽

 バスケットボールのU-16(16歳以下)日本代表候補に、海陽中3年の西田公陽(15)が初めて選ばれた。17年のアジアU-16選手権出場を目指して22日から3日間、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)で行われる第1次強化合宿に参加する。

 西田は180センチの大型ガードで、精度の高いシュートが持ち味。今夏の全国中学校体育大会では決勝トーナメント進出に貢献した。

 強化合宿は17年3月までに海外遠征を含めて計5回行われ、メンバーを入れ替えながら出場選手を選考する。アジア選手権は世界選手権の予選として位置づけられ例年、夏から秋にかけて開かれるが、17年の開催地と日程は未定。