阿佐東線(海陽町―高知県東洋町)を運営する阿佐海岸鉄道が、運転士2人を募集している。鉄路と道路の両方を走行できる車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の2020年度導入を見据えて4月に採用した3人の運転士のうち、2人が適性検査などで不合格となって退社したため。

 矯正視力が1・0以上で、色覚や聴力に異常がないなどが条件。バスや列車に関する免許がなくても応募できる。筆記、面接、健康面の適性検査などに合格すれば、来年4月から正社員として雇用。DMVの運転免許取得に向け、研修や試験を受ける。

 阿佐海岸鉄道では、運転士3人が7月からJR四国の動力車運転免許取得研修に参加。うち2人が10月に行われた適性検査や学科試験で不合格となり、退社した。

 応募希望者は最寄りのハローワークで紹介状を書いてもらい、履歴書を添えて郵送する。締め切りは1月18日(必着)。問い合わせは阿佐海岸鉄道<電0884(76)3701>。