サッカーのU-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)パプアニューギニア大会は24日、ポートモレスビーで準々決勝が行われ、日本はブラジルに3-1で勝って4強入りした。29日の準決勝で、ドイツ-フランスの勝者と対戦する。
 DFで徳島市出身の市瀬菜々(仙台L、川内南小-川内中―宮城・常盤木学園高出)がグループリーグの3試合に続いてフル出場した。