第65回記念徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)は3日午前11時から、徳島市のJRホテルクレメント徳島で開会式が行われ、開幕する。レースは4日午前7時半、海陽町の宍喰橋をスタートし6日までの3日間、全45区間279・4キロで競う。初日に5年ぶりに勝浦コースが採用され、最終日には関連イベントとして小学生駅伝が初開催される。16郡市の戦力を探り、優勝争いや各賞の行方を展望した。

前回大会で1区をスタートする高校生=2018年1月4日、海陽町宍喰浦

 

 女子総合

 阿南 頭一つリード

 6連覇を狙う阿南市が頭一つ抜けている。鳴門市、名西郡、美馬市、徳島市が追う。

 阿南市は社会人で県ランキング1万メートル1位の福良(大塚製薬工場)と、高校生で3000メートルと1500メートル1位の小林(富岡東)が中心。全国高校駅伝で自己ベストを出した古山(鳴門)、中学生の治尾(羽ノ浦)、西内(阿南二)と実力者がそろい、総合力で他郡市をリードする。

 鳴門市は前畑と1500メートル県ランキング2位の秋山(以上大塚製薬)の社会人が引っ張る。新人賞候補の中学生、竜田(鳴門一)の走りも注目される。

 名西郡は川内(大塚製薬)と全国高校駅伝1区で力走した酒井(岡山・興譲館)の二本柱。MVPを目指す快走に期待だ。

 前回3位の美馬市は多賀原(今治造船)と四国高校駅伝出場の西谷(つるぎ)が鍵を握る。

 徳島市は緒方(松山大)と田村(大阪学院大)の大学勢に、中学生の白木姉妹(加茂名)の奮起で上位を目指す。

 

 中学総合

 選手層厚い 阿南・板野

 2連覇を狙う阿南市と2年ぶりの優勝を目指す板野郡がリードする。

 阿南市は県中学駅伝で男女各3校が入賞し、1区やアンカー区間で上位の選手が並ぶ。男子は6区を区間新で制した児島と1区8位の竹本(以上羽ノ浦)、同7位の佐藤(阿南一)、6区2位の山本(阿南二)ら層が厚い。女子も1区2位の治尾、5区2位の中山(以上羽ノ浦)、5区区間賞の西内心(阿南二)らが引っ張る。

 板野郡は男子3000メートルの県中学ランキング5位の村田、7位の坂井(以上板野)をはじめ、県中学駅伝1区5位の湯浅(北島)ら力のある選手がそろう。女子も全国駅伝出場の久次米、湯浅(以上北島)らを軸に戦力は整っている。

 追うのは鳴門市、名西郡、徳島市、三好市か。三好市は男女とも県中学駅伝上位の池田勢が軸になるが、女子は一般区間を走る選手がいるため、順位にどう影響するかは未知数だ。

 

 MVP争い

 大塚製薬勢に注目 女子は阿南の福良ら候補

 大会を通じて最も優秀な成績を収めた男女各1人以内で、男子は10キロ以上、女子は3キロ以上の2区間を制した選手が候補となる。男子は第41区(14・4キロ)、女子は第17区(4・9キロ)を制すと受賞に近づく。

 男子は、前回まで4大会連続受賞の小松島市の大西が出場せず、タイトルが誰の手に渡るか注目される。有力視されているのは鳴門市の髙橋と秦、徳島市の岡田、美馬市の上村、阿南市の國行の大塚製薬勢。上村を除く4人は元日の全日本実業団対抗駅伝に出場予定で、コンディションが維持できればハイレベルな戦いが繰り広げられそうだ。

 女子は、前回初受賞した阿南市の福良が2年連続の獲得を視野に入れる。名西郡の川内と酒井、鳴門市の前畑と秋山、徳島市の緒方にも可能性は十分ある。

 

 新人賞

 男女13人 有力視

 初出場の中学生から男女合わせて最大3人を選ぶ。対象者130人(男83人、47人)のうち、男7人、女6人が有力候補に挙がる。

 男子は3000メートルの県中学ランキング7位の板野郡の坂井(板野)が最有力。同9位の奥田(加茂谷)、県中学駅伝1区7位の佐藤(阿南一)の阿南市勢が続く。板野郡の米澤(板野)、三好市の金山(池田)、阿南市の篠原(那賀川)、徳島市の中川(城ノ内)にもチャンスはある。

 女子は県中学駅伝1区を制した鳴門市の竜田(鳴門一)の前評判が高い。全国中学駅伝を経験した湯浅、島富、吉村(以上北島)の板野郡勢も力は十分。3000メートル県中学ランキング10位の徳島市の近藤(城ノ内)や名西郡の佐野(石井)や阿南市の辻田(那賀川)がどこまで迫れるか。

 

 小学生駅伝

 阿南の浜口ら有力者そろう 男子

 小学生駅伝は徳島駅伝の関連イベントとして最終日に行われる。男子1400メートル、女子1500メートルで競う。記録は徳島駅伝の総合成績には反映されない。

 男女とも県ランキング上位の選手を中心に、有力ランナーがそろった。男子は1000メートル2分56秒台で阿南市の浜口(羽ノ浦)、武田(藍住東)、日下(北島北)の板野郡勢、鳴門市の丸山(鳴門東)らが中心。女子は徳島市の西森(国府)、板野郡の久次米(北島北)と柘植(松茂)、阿南市の福島(富岡)が出場する。

 男子は起伏があり、女子は平たんなコース設定だが、いずれもスピード勝負が展開されそうだ。