Uターンラッシュがピークを迎え、混雑する高速バス乗り場=徳島駅前

 年末年始を徳島で過ごした帰省客のUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。徳島駅前の高速バス乗り場や徳島阿波おどり空港などは終日、旅行かばんや土産物を手にした家族連れらで混雑した。

 高速バスは京阪神方面行きが午前中の一部の便を除いて満席となり、臨時便が出た。東京、中国方面への便もほぼ満席だった。徳島市の実家で年末年始を過ごした中川早苗さん(26)=東京都、会社員=は「同窓会で懐かしい友人に会えて楽しかった。大阪経由の新幹線で戻り、初仕事に備えたい」と話した。

 東京行きの航空便も全日空の始発便を除き、終日満席。4日は日航、全日空とも11便全てが予約でほぼ埋まっている。

 南海フェリーは徳島発の8便のうち、午後1時25分から同6時55分までの3便が満車となった。オーシャン東九フェリーの東京行きもほぼ満車で、4日も予約で埋まっている。