少年の部2回戦・羽ノ浦対ピソセレーザ 後半、羽ノ浦の柿平脩大君(左から2人目)がシュートを決める=徳島市球技場

 第44回徳島県サッカー少年団大会(県サッカー協会、徳島新聞社、四国放送、県スポーツ少年団主催)第2日は20日、徳島市球技場で少年の部の2回戦29試合を行った。
 
 真っ黒に日焼けした選手たちは、鮮やかなドリブルや力強いシュート、懸命の守備など気迫のプレーで観客を沸かせた。
 
 シードの井川(三好市)やリベルテ(松茂町)などが完封勝利で順当に勝ち上がり、9チームの10人がハットトリックを達成した。
 
 第3日の22日は、午前9時半から同球技場で少年の部3、4回戦24試合と少女の部1回戦2試合が行われる。