重量挙げの第43回四国選手権は19、20の両日、徳島科技高で男子18、女子11階級が行われた。

 徳島県勢は、少年男子69キロ級で船城優輝(徳島科技高)が大会新のトータル243キロを挙げて優勝するなど、男女計7階級で頂点に立った。