塩谷司

 日本サッカー協会は5日、アラブ首長国連邦(UAE)でのアジア・カップに臨む日本代表から、中島翔哉(ポルティモネンセ)と守田英正(川崎)がけがで離脱すると発表した。小松島市出身の塩谷司(アルアイン)と乾貴士(ベティス)を代替招集する。

 中島は、W杯ロシア大会後に森保一監督が就いてから攻撃的MFの定位置をつかみ、アジア杯でも中心的役割を担うと期待されていた。所属先での直近の試合で右ふくらはぎを故障したという。守田は4日の練習中に右太ももを痛めた。