ソフトテニスの第45回全日本社会人選手権が2、3の両日、熊本県民総合運動公園パークドーム熊本などで行われ、徳島県勢は成年男子で山田拓未(大神子病院)が花田直弥(京都)と組み、優勝。一般男子で大橋拓実・後藤諒太組(大神子病院、京都)がベスト8入りした。2組は全日本選手権(10月20~22日・前橋市)の出場権を獲得した。