新鮮な魚がずらりと並び、仲買人らの熱気に包まれた初競り=徳島市中央卸売市場

 徳島市北沖洲4の市中央卸売市場で5日早朝、新春恒例の初競りが行われた。新鮮な魚介類や野菜、果物などがずらりと並び、競り人の威勢のいい掛け声が場内に響いた。

 水産物部では午前5時20分から初市行事があり、豊井泰雄第2副市長が「少子高齢化に伴う食料消費量の減少や、安全安心に対する意識の高まりで、市場は大きな変化を迎えている」などとあいさつ。三本締めで商売繁盛を祈願した後、鐘の音を合図に競りが始まり、仲買人がマグロやブリを次々と競り落とした。

 この日の水産物の入荷量は昨年より約3トン少ない51トン。相場は例年並みで、1キロ当たりの最高値はクルマエビの1万800円だった。

 午前6時20分からは青果部でも初競りがあった。