少年男子69キロ級で2位に入った徳島の船城=新居浜市市民文化センター

 第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第9日は8日、愛媛県内などで行われた。
 
 徳島県勢は7競技に出場し、重量挙げの少年男子69キロ級で船城優輝(徳島科学技術高)がスナッチ、ジャークで2位に輝いた。
 
 レスリングフリースタイルで8強入りしていた成年男子86キロの藤山徳馬(三好市役所)、同97キロ級の藤田祐輔(神奈川大)、少年男子66キロの川原大夢(池田高)の3人はいずれも準々決勝で敗退したが5位入賞。空手道の少年女子組手で津田中出身の田中良菜(高松中央高)も5位入賞した。
 
 陸上では少年女子共通三段跳びの道中杏花(徳島市立高)が6位入賞した。
 
 第10日の9日は4競技に県勢が出場する。
 
 徳島の天皇杯(男女総合)の得点は8日現在、602・5点で45位のまま。39位の宮城とは97点差で、残り2日間での逆転は極めて難しく、県が目標とする30位台は絶望的となった。