高木智帆選手

 陸上の第33回U20・第11回U18選手権が20日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで開幕し、女子U20円盤投げで高木智帆(鳴門渦潮高)が43メートル42で優勝した。

 優勝の記録は1投目でマークした。雨で滑りやすいサークルコンディションの中、今季の自己記録を97センチ更新しトップに立った。2投目以降は記録が伸びず、43メートル84の自己ベスト更新はならなかった。それでも、力のある大学生らを相手に好勝負を演じ「1投目で記録を出せたことがうれしい。インターハイと国体では結果を残せず悔しい思いをしたので良かった」と振り返った。

 徳島県勢はこのほか、女子U20円盤投げの片山明莉(四国大)が41メートル03で7位に入った。