開会式で選手宣誓する加茂谷体協実年の中田さん=阿南市のあななんアリーナ

 台風21号の影響で延期されていた「第3回徳島県500歳野球大会」(阿南市、徳島新聞社主催)の開会式が29日、同市桑野町の屋内多目的施設「あななんアリーナ」で行われ、8郡市から最多の16チーム約300人が参加した。ただ、試合は台風22号の接近で11月5日に延期された。
 
 開会式では、今回から出場が可能となった障害者チームの徳島ウィングス(徳島市)をはじめ各選手が力強く入場行進。加茂谷体協実年(阿南市)の中田泰之さん(53)が「日頃の練習の成果とチームワークを生かし、全力でプレーすることを誓う」と選手宣誓した。
 
 5日は県南部3市町で1~3回戦12試合を行う。準決勝2試合と決勝は予備日の12日に実施する。