英明対高知 2回表、英明2死一塁、中村が左中間に先制適時二塁打を放つ=春野球場

 2年連続で4強入りした英明(香川)では、3人の徳島県出身選手がレギュラーで活躍している。

 2回戦では藍住町出身の7番中村=藍住中出=が二回2死一塁から左中間に先制の適時二塁打、五回には2死二、三塁から左越えの2点二塁打を放って2安打3打点。「甘めの真っすぐをバットの芯でうまく捉えられた」。身長165センチながら、持ち前のパワーを発揮し、何度もうなずいた。

 中村は「甲子園への近道になるはず」と英明への野球留学を選んだ。徳島市出身の1番加藤=八万中出=と、小松島市出身の3番田中=立江中出=も同じ思いで進学した。3人の2年生は「準決勝も必ず勝って選抜大会に出場したい」と決意をみなぎらせた。