湯に浸したササを振り、参拝者にしぶきをかけるみこ=鳴門市撫養町の事代主神社

 鳴門市撫養町南浜の事代主神社で10日、湯を浴びて無病息災を祈る「御湯神楽(おゆかぐら)」が行われた。

 物の米と酒を湯に入れた。その後、両手に持ったササを湯に浸し、勢いよく振り上げて参拝者にしぶきをかけた。

 鳴門町高島の井上壽夫さん(80)は「今年はいつもより多めに湯を浴びたので、御利益が多そうです」と話した。