JX対三菱電機 第2クオーター、JXの宮澤(中)がシュートを決め38―26とする=徳島市立体育館

 バスケットボールの第19回Wリーグ徳島大会(バスケットボール女子日本リーグ機構主催、徳島新聞社共催)は11日、徳島市立体育館で開幕し、歴代最多タイの10連覇を狙う首位のJX―ENEOSサンフラワーズが77―62で3位の三菱電機コアラーズを下した。JXは無傷の11連勝で単独首位を守り、三菱電機は8勝3敗で3位のまま。最終日の12日も午後2時から同体育館で両チームが対戦する。