新成人の平祐奈が振袖姿でイベントに登場 (C)ORICON NewS inc.

 女優の平祐奈(20)が12日、都内で『平祐奈CALENDR 2019.04-2020.03』発売記念イベントを行い、鮮やかな晴れ着姿で登場した。「11月にハタチになったのですが、自分が想像していたよりも子どもで、変わらないなと思っていました。でも(振袖を着ることで)ついにこの日が来たんだと身が引き締まる思いです。自覚を持たなきゃ」と背筋を正した。

【写真】艶やかな振袖姿の全身ショット

 ハタチになってからの両親の反応について「末っ子ということもあって『まだ、赤ちゃんだね』って言われます。まだ学生なので、姪っ子と甥っ子たちと変わらないように言われています」と恥ずかしそうにポツリ。「私が一番下なので、両親からしたら、まだ離れていってほしくないんじゃないかな」といたずらっぽく笑った。

 昨年11月のイベントでは、平家のルールとして「ハタチになるまで炭酸、コーヒーを飲むこと、まゆげを剃ることは禁止」ということを明かした。晴れて解禁後の状況を聞かれると「炭酸を飲んでから何日か咳が止まらなくて、はじめは風邪だと思っていたら、炭酸の影響で、のどがダメになっていて…。まだ、コップに入った一杯の炭酸を飲みきったことがないので、徐々に飲めるようになりたいです。私にとって、炭酸がお酒みたいな感じです」と語った。

 平成最後のカレンダーとなる今作では、オールベトナムロケの写真集『Comme le Soleil』に掲載されていない、秘蔵カットで構成。「平成が終わるって、不思議な感覚です。自分がハタチになったタイミングで、まさか(元号が)変わる日がくるなんて思っていなかったので、さみしいような、ドキドキわくわくするような感じです」との思いを明かしていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。