子育てママさん集まれ!
「こども服おさがり交換会」
こどもたちの健やかな成長を願った
気持ちの集う場所。

もったいないと思う気持ちを受け取ったことが始まりでした

「こども服おさがり交換会」は2014年4月から始まり、2016年2月21日(日)で18回の開催になりました。
会場は北島町のアクアプラザ「ほっこりマルシェ」や徳島市のふれあい健康館などで、衣替え時期に合わせて2か月に一回程度開かれています。
この交換会は乾安奈さんと三木奈美子さんの二人がボランティアで運営しています。
きっかけは、乾安奈さんの母親が代表を勤める地域の活性化を目的にした北島町のN P O 法人「ほっこりタイム」を若い世代に知ってもらうためでした。
「最初は何も分からず、ただ子ども服を集めればいいと思い、仕事先で声を掛けていたら、まだ着られる服を捨ててしまうよりは、必要な方に着てもらえるのならと、たくさんの服が集まりました」と三木さん。
その時にこの受け取った思いをちゃんと必要とする方に届けようと二人は思ったそうです。
運営は二人で分担し「おさがり」の管理や情報発信は三木さん、乾さんは会場でお母さんが欲しいものを見つけるお手伝いや、親子で楽しんでもらう工作などを行っています。

だれでも気軽に参加して欲しい

交換会に参加するには基本的には交換できる服やグッズを持ってきてもらうことが条件ですが、妊婦さんは無条件で参加できます。
実際に持ち込まれる品物はお祝いでもらった未使用のものや、数回しか着ていないものが多く、特に1歳~2歳の成長が早い時期の交換が頻繁に行われています。
ほかにはベビーベッドやベビーカー、おもちゃや絵本などの持ち込みもあります。
常連の方は欲しい物をリクエストしておき、子どもの成長に合わせて交換会を利用されています。中にはここで交換したお孫さん用の歩行器を一度持って帰り、使わなくなってまた交換用に持ってくるということもあるそうです。もちろん次に使う人のために大事に使われていたそうです。
交換会では交換が目的で無くても気軽に参加でき、親子で楽しめる工夫もされています。
アコースティックミニライブや、乾さん担当のフェイクスイーツ作りや、ボランティアさんの協力で楽しい催し物も開かれ、お母さんが安心して品物を選べるように子どもたちを見てくれる配慮もされています。
また助産師さんによる妊娠や育児の相談もこれから実施する予定です。

 「おさがり」に込めた思いが母親をつなぐ

 だれに持って帰ってもらっても気持ちよく着られるようにと、きれいに洗濯された「おさがり」にはそれぞれに思いが詰まっているようです。
「子どもがどんなときにこの服を買ったかを話してくれるお母さんがいたり、子どもが大きくなって着られなくなったけれど、ぜひこのかわいい服を赤ちゃんに着て欲しいと置いていかれる方もいらっしゃいます」と三木さん。
「来てくれる同年代の親子と親同士で子育ての話をしながら、回を重ねるごとに、この場がお母さんたちに必要とされていることが実感できます」と乾さん。
子どもたちの元気な成長を願って、大事に着られたり使われたりした服や用具だからこそ、捨ててしまうにはもったいないと思う気持ちがこの交換会に集まる参加者の共通の気持ちのようです。それは安心して「おさがり」を選ぶ母親たちの姿にあらわれていました。
最後に三木さんと乾さんにこの交換会を続ける理由を聞くと二人は顔を見合わしてから「みんなが喜んでくれるから」という返事が返ってきました。

子育てママさん集まれ!
「こども服おさがり交換会」
着られなくなったベビー・こども服をみんなで交換しましょう!
おさがりは、地球とお財布にやさしいリサイクルです。

乾安奈さんと娘の羽奈ちゃん
三木奈美子さん

●参加費:300円(会場費および運営費として)
●原則として交換品を持参してください
(妊婦さんは交換品がなくても参加できます)
※交換品がない方でも受付で申し出て頂ければ参加できます
【ご協力ください】
だれかに譲っても気持ちいい程度の使用感(新古品・数回使用程度・洗濯済み)の服
名前が入っていても可◎おもちゃ(壊れていない物)
絵本
ベビーベッド・ベビーカーは事前に連絡してください
サイズに分けての持ち込みをお願いします
使用した下着はご遠慮ください
大量の持ち込みはご遠慮ください
●開催予定日時:午前10時~15時
4/17(日)・6/19(日)・8/21(日)・10/16(日)・12/18(日)
●開催場所:北島町ほっこりマルシェ2階
板野郡北島町高房字百居内40-13
●お問い合わせtel.090-1329-6904(三木)
フェイスブック「北島町 おさがり交換会」で検索
主催:NPO法人 ほっこりタイム

はぐくみ徳島紙面シリーズ

企画制作◎徳島新聞社営業局