12日、パリの凱旋門前で黄色いベスト運動のデモに参加する男性ら(共同)

 【パリ共同】フランス内務省は12日、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動が9週連続で行った一斉デモについて、全国の参加者は約8万4千人だったと明らかにした。同国メディアが伝えた。年末の休暇時期にはデモの規模が大幅に縮小したが、前週の5日に続き2週連続で拡大した。

 政府は暴力行為の深刻化を懸念し、全国で警官・憲兵計約8万人を動員して警戒を強化。警官隊との衝突は再び起きたが小規模にとどまった一方、取材するメディアに対する攻撃も数件あった。

 約8千人が参加したパリでは、凱旋門周辺で警官隊と衝突したが、大規模な破壊行為などには至らなかった。