サッカーの第26回全日本高校女子選手権(12月30日~来年1月7日・兵庫県)の組み合わせ抽選会が26日、東京都内であり、四国第1代表の鳴門渦潮は、1回戦で関東第6代表の花咲徳栄(埼玉)と戦うことが決まった。12月30日午前10時半から、洲本市の五色台運動公園で対戦する。
 
 大会は全国のブロック大会を勝ち抜いた32校がトーナメント戦を争う。鳴門渦潮は6大会連続6度目の出場で、3大会ぶりの初戦突破を目指す。四国第2代表の香川西は1回戦で開志学園JSC高等部(新潟)と、大会2連覇を目指す十文字(東京)は秀岳館(熊本)と対戦する。1月4日の準決勝と7日の決勝は神戸ユニバー記念競技場で行われる。

■アグレッシブに 鳴門渦潮・新堀主将
 
 鳴門渦潮の3年、新堀華波主将は花咲徳栄との初戦が決まり、「相手の特長はまだつかめてないが、攻守両面でアグレッシブな気持ちを忘れずに戦う」と、チーム一丸での勝利を誓う。
 
 スピードのある選手がそろう鳴門渦潮は、4-4-2のシステムを軸に素早いサイド攻撃やパスワークが強み。得点感覚の鋭い新堀ら前線の決定力が鍵になる。1年の時から出場を重ねている新堀は「自分たちらしいサッカーを貫いて勝ちたい」と、改めて強い意欲をのぞかせた。