徳島市内のアパートの一室で少年の首をカッターナイフで切りつけたとして、徳島中央署は13日、殺人未遂の疑いで県内の高校生の少女(18)を現行犯逮捕した。少年の命に別状はない。

 逮捕容疑は、13日午前8時ごろ、10代後半の少年が住むアパートの一室で、少年の首の後ろをカッターナイフで切りつけ、数センチの傷を負わせたとしている。

 県警によると、少女は同年代の男女数人と同日未明から徳島市内で遊んだ後、朝方に被害者宅へ移動。少女が帰宅するために友人の男性を迎えに呼んだ。訪れた男性と少年らとの間でトラブルになり、少女が持っていたカッターナイフで切りつけたとみられる。

 現場にいた1人が110番。駆け付けた警察官に、少女は「私がやった。やってやろうと思った」と話したという。県警が動機などを調べている。