プリンスリーグ四国で優勝した徳島ヴォルティスユース

 サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)プレミアリーグ昇格を懸けた参入戦の組み合わせが11日、決まった。初めて参入戦に臨む徳島ヴォルティスユース(四国1位)は、15日午後1時半から、広島県東広島市の東広島運動公園陸上競技場で 尚志高校(東北2位・福島)と1回戦を戦う。

 尚志高校は福島県郡山市の私立校。プリンスリーグ東北は2位で、1月の東北高校新人大会で優勝、夏の全国高校総体では3回戦まで進んだ。

 参入戦は、16チームが4グループに分かれ、勝ち抜き戦で争う。徳島ヴォルティスユースは、尚志高校のほか、夏の全国総体王者・流通経済大柏高校(関東2位・千葉)、大阪桐蔭高校(関西1位・大阪)と同グループ。1回戦の勝利チームが、17日の2回戦(広島市・広島広域公園第一球技場、午後2時)に進み、勝利チームがプレミアリーグに参入する。