決意表明する鳴門市選手団の賀好監督=鳴門市撫養町の市共済会館

 第64回徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)で2連覇を目指す鳴門市の選手団結団式が15日、市共済会館で開かれ、選手や役員ら約80人が奮闘を誓った。

 団長の泉理彦市長が「力強い走りで『常勝鳴門市』が優勝するのを市民が期待している。最高のパフォーマンスを見せてほしい」と激励。選手団を代表し、賀好行彦監督が「前回は選手の力走で完全優勝できた。さらに選手を強化している。優勝旗を獲得できるよう選手一丸となって頑張る」と決意表明した。

 チームは17日と23日~来年1月2日に練習会を行い、コンディションを整えて本番に臨む。