[イカダ]<ウチノ海>14日、早朝は冷え込んだが、次第に気温が上がり釣り日和。ヤカタで阿南市の人がサヨリを狙い23~30センチを70匹。近くでも2人が同型を90匹。別のヤカタでも40匹。チョイ投げした人は25~34センチのカレイ3匹。

 <宍喰>14日、水温17・3度。沖のカセは1号で3人が30~42センチのグレ12匹と25~30センチのシマアジ10匹。3号は2人が25~45センチのグレ10匹と30~43センチのイシダイ3匹。

 [磯]<津島>14日、速い上り潮で水温17・1~18度。グレは、チョウセン西で31~34センチを5匹。鈴木バエで36~42センチを6匹。ワレスベリで32~45センチを9匹。佐尾山で33~47センチを20匹。

 <大島>14日、速い上り潮で水温17・3~18・2度。グレは、スベリで35、38センチを2匹。近くで41・5センチのイシダイ1匹。近くで33~36センチを3匹。ソエバ船付で33センチを1匹と30センチ前後のイサギ5匹。ピストルで27~33センチを8匹。沖ソエで28~38センチを3匹と30センチ前後のイサギ3匹。潜航艇で33センチを2匹と30センチのイサギ3匹、28センチのアイゴ1匹。馬ノ背で32、37センチを2匹と28~30センチのイサギ4匹。同オチで35、38センチを2匹。金輪で33~42センチを16匹と32~37センチのイサギ7匹。川村バエで36~42センチを7匹と33センチのイサギ1匹。沖冨士で32~40センチを12匹。地冨士で31~36センチを5匹。バッタリで33~43センチを13匹。カブトで34~40センチを6匹。源六で31~44センチを16匹。ミッチャで30、35センチを2匹。ナデで35、40センチを2匹。エボシ地で2人が30~35センチを7匹。トビツで30~33センチを7匹と32センチのアイゴ1匹。タタミで30~36センチを5匹。

 <高知・甲浦>14日、水温17~17・6度。タカの口で30~39センチのグレ9匹。クツガハエで30~35センチを4匹。エボシで35センチを1匹。長兵衛バエで35、38センチを2匹。串出の丸バエで32センチを2匹。棚バエ西でも同型を2匹。地のヤグラで31~37センチを3匹。

 <大島・津島>13日、ハリメーカーのグレ釣り大会が行われ、58人が参加。渡船5隻の横取り方式で5匹までの重量を競った。大島のミッチャオクで阿波闘流会の井内秀夫さんが40センチオーバーを5匹そろえ1位。津島の一番で阿南黒潮会の竹内啓二さんが30センチ後半をそろえ2位。巨人で31~37センチを5匹で阿波一風の浦川利幸さんが3位。

 [船釣り]<伊島沖>14日、乗合船で出掛けた人が0・5~0・8キロのアオリイカ8匹。別の船は30号のオモリを付けた胴付仕掛けで15~25センチを各自3~15匹。(県釣連盟報道部)