若い世代の成長に期待がかかる海部郡チーム=海陽中グラウンド

 選手確保に苦労しつつも第52回大会以降、入賞をキープし続けてきた。今回は伸び盛りの新人中学生10人が加入。若い世代を軸に前回と同じ8位死守を狙う。
 
 中学生男子は和田、多田ら3000メートルを9分台半ばで走る選手がそろった。女子は前回、小学生区間で2位と健闘した戎井が新人賞を狙う。走力があり、将来が有望な若手が戦列に加わったことで、チームが活性化している。
 
 高校生は進学などで前回登録した男女12人から8人に減り、やや層が薄くなった。5000メートル15分台の浅田好らに期待がかかる。
 
 一般勢は佐古山の加入が朗報。マラソンを主体に練習しているため、スタミナには不安がなく、機動的に起用できそうだ。主力の樫谷兄弟や社会人1年目の丸澤、田中らも主要区間での奮起が期待される。
 
 エースで東洋大の土壁は、箱根駅伝出場が見込まれる。参加できるかどうかは微妙だが、走れば切り札となる。女子は冨士原、溝内里らがけん引しそうだ。
 
 「我慢のレースになる」と予想する尾崎監督は地元を走る初日に主力を投入して「貯金」を稼ぐ考えだ。