若い世代の活躍が期待される美馬市チーム=池田支援学校美馬分校グラウンド

 24日の全国高校駅伝に出場するつるぎ高勢を軸に、一般から中学生までバランス良く布陣を整えた。前回より一つ上の5位も視野に入れ、仕上げの調整に励む。

 戸島、片岡ら県予選で2連覇したつるぎ高の主力がそろった。5000メートルを14分台で走る宮本を含め、コンディションが整えば主要区間の一般勢と遜色のない走りを見せそうだ。

 OBも次々と戦力化している。大学卒業後も熱心に練習を積んでいる木下に加え、大学生の土井晴、土井拓の兄弟は意欲十分。昨春から大塚製薬陸上部に所属するコーチ兼任の上村が参戦すれば鬼に金棒だ。

 前回は部門別で9位だった女子も充実度を増した。西谷は県高校女子の3000メートルでランキング2位。県中学駅伝で2位だった美馬の酒井春や矢野らは勝負強さが光る。ベテラン多賀原も健在だ。

 中学生の男子は積極的な走りが期待される。梶浦、黒川、香西らが3000メートル9分台を連発。初出場の鴻池、塩田らも記録を短縮している。指揮を執って2年目の藤田監督は「厳しい戦いになると思うが、チーム全体で力を合わせて目標を達成したい」と意気込む。