一時の休息が救いに  夫がアルツハイマー型認知症を発症してから、6年が過ぎようとしていました。昼も夜も夫の介護に追われる日々が続きました。 身だしなみを気にする余裕はなく、髪はぼさぼさのまま。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。