名前も書けないのか  2015年6月の夜のことだ。「ちょっと急いで来てほしい」。鳴門市内のリゾート施設にいた小倉章造さん(75)=同市大津町木津野=は、悲痛な声で妻の和代さん(53)を呼び出した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。