焦らず気楽に考えて  冷たい雨が降る冬の夕暮れ時だった。川崎市内の高層マンションで長男夫妻と暮らしている佐藤聡子さん(88)が、家を出たきり夕方になっても帰ってこなかった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。