選手宣誓する山下主将(中央)=つるぎ町就業改善センター

 第64回徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)に出場する美馬郡選手団の結団式が25日、つるぎ町就業改善センターであり、選手や監督ら約50人が健闘を誓った。
 
 団長の兼西茂町長が「しっかりと調整して、悔いのない走りでたすきをつないでほしい」と激励。選手紹介の後、坂東和彦監督(37)が「油断せず緊張感を持って生活や練習に臨もう」と呼び掛けた。
 
 選手を代表して山下貴也主将(24)=美馬西部消防組合=が「地域の方々への感謝の気持ちを忘れず、つるぎ町のために全力で走り抜く」と宣誓した。
 
 チームは、元旦を除く1月2日まで合同練習を重ねる。