J2熊本のトップコーチに就任する藤本主税氏=2016年9月、勝浦町

 サッカーJ2のロアッソ熊本は26日、トップチームのコーチに藤本主税(40)=徳島市立高出=が就任することを発表した。

 藤本は山口県出身。徳島県の徳島市立高校を卒業後、1996年にアビスパ福岡に加入。サンフレッチェ広島、名古屋グランパスエイト、ヴィッセル神戸、大宮アルディージャ、ロアッソ熊本でプレーし、2014年に現役を引退した。2001年には日本代表にも選ばれた。引退後は、熊本の育成組織のジュニアユース監督、今季はジュニアの監督を務めた。

 藤本はクラブを通じて「この度、トップチームコーチのオファーをいただき、緊褌(きんこん)一番の決意を胸に、渋谷監督を全力で支えていく所存です。ロアッソ熊本に関わる全ての方達に、笑顔と勇気を届けられるように頑張ります」などと意気込みをつづっている。

 熊本は今季J2で21位と低迷。来季は新監督に大宮を率いてJ2優勝経験のある渋谷洋樹氏を迎え、チームの立て直しを図る。