富山への期限付き移籍が発表された徳島のMF川上

 サッカーJ2・徳島ヴォルティスは26日、MF川上エドオジョン智慧(19)がJ3のカターレ富山へ期限付き移籍することを発表した。期限は2019年1月31日まで。

 川上は今季浦和レッズユースから加入。8月の練習中に左股関節の軟骨を損傷するなどして、今季はリーグ戦2試合の出場にとどまった。愛嬌があり、ファン・サポーターに人気もあった。


10月に手術を受け、復帰に向けてトレーニングに励んでいる川上は徳島を通じ「1年間ありがとうございました。この1年でいろいろ学ぶことができました。この1年をカターレ富山で活かし、成長して戻って来れるよう頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントを発表した。

 富山を通じては「J2に昇格できるよう、その目標に貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」と意気込みを寄せた。

 富山には、24日に完全移籍が発表されたMF佐々木陽次(25)、25日に契約更新が発表されたFW佐々木一輝(26)=徳島商高出身=ら徳島ヴォルティスにゆかりのある選手が在籍している。