NTTドコモは16日、2年間の契約を条件に基本料金を割り引く「2年縛り」と呼ばれる料金プランで、3月に契約満了を迎える利用者から、違約金なしで解約できる期間を現在の2カ月から3カ月に緩和すると発表した。KDDI(au)とソフトバンクも同様の見直しを3月に実施すると明らかにした。

 現在の25、26カ月目に加えて24カ月目も解約できるようにする。総務省が見直しを求めていた。

 大手3社は、昨年夏の決算会見でそれぞれの社長が解約条件を緩和する方針を表明。ドコモは見直し時期を「3月まで」としていた。KDDIやソフトバンクは「春」などとしていた。