地元の成人式に出席した歌手で女優の上野優華さん(19)=徳島県出身=に、大人になる心境や目標について聞いた。


◆新成人としての抱負を。

成人式で、たくさんの懐かしい友人と会えた。学生や社会人になってそれぞれ進む道は違っても、目標に向かってみんな頑張っている。立派になった友人と話す中で今日が大人としてのスタートラインだと実感できた。今まで支えてもらった人への感謝を忘れず、社会に貢献できる人になりたい。

◆10代を振り返って。

14歳で歌手になるために受けたオーディションが、人生の分岐点になった。デビューから5年が過ぎ、いろんな経験ができた半面、今の環境に慣れてしまった部分もある。20歳の節目に、初心に立ち返りたい。

◆女優として新たに挑戦したいことは。

今までよりも、できる役柄の幅を広げたい。柔らかな感じの女の子を演じる機会が多かったので、少し影のある大人っぽい役もやってみたい。

◆歌手としては

作詞の勉強を続けながら、「夢」をテーマにした作品を思い描いている。大人になった今なら、きらきらとした「希望」だけでなく、「黒い部分」もしっかりと表現できそう。

◆17日リリースの10代最後のアルバム「U to You」(ユートゥーユー)の聞きどころは。

バラードもあれば、ロックやポップもあるテイストの違う曲が詰まった一枚。中でも、ピアノと歌だけで構成する「おはよう」は、母親への感謝の気持ちを込めている。当たり前のように愛情を注いでくれる母親に、成人になるタイミングだからこそ素直な思いを表現できた。

◆読者にメッセージを。

新成人として、生まれ変わった気持ちで前に進みたい。同世代の皆さんも一緒に頑張りましょう。

【2017年10月のライブツアー徳島公演の動画】