17日、米ワシントン近郊のダレス国際空港に到着した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(右)(共同)

 【ワシントン共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の側近、金英哲党副委員長が17日夕(日本時間18日午前)、米首都ワシントン近郊のダレス国際空港に到着した。非核化などを巡り米朝両首脳が強い意欲を示す再会談実現に向け、18日にポンペオ米国務長官らとの高官協議に臨む見通し。

 金英哲氏は、金正恩氏がトランプ米大統領に宛てた親書を携えているとみられ、協議の進展次第ではトランプ氏と会う可能性がある。ベトナムが最有力候補として浮上する再会談の開催場所や日程の調整がどこまで進むかが焦点だ。

 米国側は、ビーガン北朝鮮担当特別代表が空港で金英哲氏を出迎えた。