中米ホンジュラスから米国を目指してグアテマラを歩く移民ら=16日(ロイター=共同)

 米国を目指し、中米グアテマラの施設を出発するホンジュラスからの移民=17日(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】米国土安全保障省の監察官は17日、不法移民の親子を分離して拘束するトランプ政権の政策を巡り「数千人の子どもが親や保護者から引き離されたとみられる」との報告書を発表した。正確な人数は不明だが、これまで公表されていた約2700人ははるかに上回っているとし、調査継続の必要性を主張した。

 分離拘束の不当性を巡り、政権を相手に訴訟を起こした全米市民自由連合(ACLU)は「政策は残酷でひどいものだ」と反発、新たな訴えを起こす姿勢を示した。