大賞に選ばれた遊遊NASA=海陽町奥浦

 サービスや気遣いに優れた観光事業者を表彰する「四国おもてなし感激大賞2018」で、海陽町奥浦の宿泊施設「遊遊NASA」が県内で初めて大賞に選ばれた。

彦根市の姉妹から女性従業員に送られたお礼の手紙(画像の一部を加工しています)

 受賞理由は、7年前に宿泊した滋賀県彦根市の小学生姉妹に対する女性従業員の対応。姉妹が紛失した財布を従業員が見つけ、そのお礼の手紙を保管していた。昨年、中学生と高校生になった姉妹が訪れた際、思い出の品として手紙を見せると感激されたという。

 観光客から寄せられたエピソード82件の中から審査。遊遊NASAについては、姉妹が応募していた。

 徳島市の県観光協会で表彰式があり、矢田博嗣理事長から記念の盾を贈られた山本重雄支配人は「職員の対応が評価されて光栄。これからもおもてなしの心を大切にしたい」と話した。

 遊遊NASAは海陽町の第三セクター「株式会社漁火」が運営し、宿泊施設やレストラン、結婚式場などを備える。丘の上に立地し、施設から太平洋が一望できる。

 感激大賞は、観光事業者の意識向上などを目的に、四国4県の観光協会が2016年から実施している。準大賞には大和屋別荘(松山市)、新県交ハイヤー(高知市)、栗林公園ボランティアガイド(高松市)が選ばれた。