2月2日にボクシング教室を開く川島さん(川島さん提供)

 海陽町出身のボクシング元世界王者、川島郭志さん(48)=東京都大田区=によるボクシング教室「川島郭志が教える1日限りのボクシング教室」(県ボクシング連盟、とくぎんトモニプラザ主催)が2月2日、徳島市の同プラザで開かれる。小学生以上の男女が対象で、幅広い参加を呼び掛けている。

 海南高(現海部高)時代にインターハイで優勝した川島さんは1988年にプロデビュー。92年に日本スーパーフライ級王座に就いた。卓越した防御技術から「アンタッチャブル(触らせない)」と呼ばれ、94年にはWBC世界ジュニアバンタム級王座を獲得し、6度の防衛に成功した。現在は都内でジムを経営し、後進の育成に力を入れている。

 教室は午前10時~正午。初心者向けの内容で川島さんが実演指導する。底辺拡大につなげようとの県ボクシング連盟の依頼を快諾した川島さんは「多くの人にボクシングの楽しさを知ってほしい」と話している。

 定員30人。とくぎんトモニプラザホームページの応募フォームから申し込む。締め切りは29日だが、予約で埋まりつつある。小中学生は保護者同伴。参加費300円。軍手や室内用シューズなどを持参する。問い合わせはとくぎんトモニプラザ<電088(625)3852>。